i-EXCLAMATION

個人情報のお取扱いについて

i-exclamation.jp(以下「当サイト」という)では各種サービスのご提供にあたり、 お客様の氏名(社名含む)、電子メールアドレス、電話番号、住所など個人を特定できる情報や、 お問合せ内容を当サイトのフォームより収集しております。 当サイトで個人情報の保護に関する指針、その他の法令等を遵守するとともに、 個人情報の適正な収集、利用、管理を行います。

個人情報の取得について

当サイトは、偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得致します。

個人情報の利用目的

当サイトでは、取得した個人情報を以下の目的のために利用させていただきます。 以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。
(1)お見積のご依頼・ご相談に対する回答、ご案内
(2)当サイトのサービスについてのご連絡
(3)サービスのご提供
(4)マーケティング

個人情報の委託について

当サイトは、取り扱う個人情報の漏えい、滅失またはき損の防止、その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

個人情報の第三者提供について

原則的にお客さまの許可なく第三者に情報を開示いたしません。
ただしお客様ご本人の同意が万が一得られない場合でも、裁判所、警察、税務署、消費者センター、 その他の法律や条令などで認められた権限を持つ機関から要請がある場合は、情報を開示させていただくことがあります。

個人情報の開示・訂正等について

当サイトは、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、合理的な期間、適切な範囲内で速やかに開示を致します。 その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。個人情報の内容に誤りがあり、 ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。 その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。

免責事項

(1)当サイトに掲載している情報は、情報の正確性、適時性若しくは完全性について保証するものではありません。
(2)当サイトの情報や当サイトを通じてアクセス可能な情報が、コンピュータウイルスやスパイウェアなどに感染していないことを保証するものではありません。
(3)当サイトのご利用に起因して生じた損害については、当サイトは一切責任を負えません。当サイトの情報はお客さまご自身の責任においてご利用下さい。

リンク先について

当サイトで取得した個人情報の取り扱いについての方針は、 ご依頼者のWeb制作および当サイトのサービスのご連絡についてのみ適用されるものです。 リンク先の個人情報の保護に関しては一切の責任を負えませんので、ご了承ください。

本方針の変更

本方針の内容は変更されることがあります。変更後の本方針については当サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。

下記の内容に該当するお取引はお断りさせていただいております。

・公序良俗に反しているもの
・法律に違反しているもの
・破壊的カルト
・マルチビジネス
・アダルト、風俗、出会い系
・ギャンブル・賭博
・暴力的、残虐的なもの
・誹謗中傷を目的としているもの
・迷惑メール行為を促すもの
・個人情報の売買目的のもの

その他、アイ・エクスクラメーションが適切ではないと判断した場合は
お断りさせて頂く場合がございますのでご了承下さい。

いろいろな複雑なことを少しでも分かりやすくしたい。
制作を通して人々のお役に立ちたい。これらのことが、
アイ・エクスクラメーションの率直な思いです。
人それぞれの想いを表現するための文章も、画像も、動画も、
各々モノは違えど、大変複雑になりがちです。

インターネットでは、様々なことを多くの人に伝えることが出来ますが、
その際に分かりやすい方が、また何かしらのカラーがあるほうが
“見る人”にとって目にとまるものになると思います。

また、伝えたい人も伝えたいことを最大限に伝えることが出来れば、
売上が伸びたり、独自の色を確立できたり、ストレスを軽減できたり……
さらに良いことになっていくと思います。

そのために、デザインやイラストやシステムがあります。

熱意や想いを「少しでも伝わりやすい形にする」ために
後方で誰かを支えるスタンスを取りつつ、出来る限りの
便利さと表現方法のアプローチを提案していきます。

現在個人事業のため、あまり大きなことはできませんが、
少しずつWebマーケティングやデザインアプローチに力を入れていこうという
企業の方(個人の方)には少なからずお役に立てるのではないかな?と思っております。

今まで効果があったものが効果がなくなったりと
常に状況は変化し続けています。
しかしながら、その中でも変わらない本質を捉えつつ
変化や改善を繰り返して行きたいと思います。

何のために行うのか?
実はシンプルな課題にできるのではないか?
というデザインやシステムの本質を常に問いかけながら
良い制作を行っていきたいと思います。

Copyright (C) 2012-2014 i-EXCLAMATION All Rights Reserved.